エキサイトブログ


何故かiTunesの話

何年ぶりかの更新です。ブログの管理者IDとパスワードを忘れてなかなかログインできず焦りました‥。

テープはさすがに何年も買っていません。CDやレコードは気に入った物をちょこちょこと。それをわざわざパソコンに取り込んで聴く。今更ながらiTunesの管理能力や利便性は凄い。管理と再生の手段として極めて快適。カバーフローのような微妙なアナログ感覚の演出も結構好きです。

iTunesでは「再生回数」までカウントでき、こういうアナログではあり得ない機能は面白い。また何年も更新しない気がするので、Mixに限り再生回数の多い順に一気に曝け出しますw。あくまでも再生回数順であり「好きな順」では無いかも知れない。テープを直で聞いていた頃の再生回数も勘定できるとしたら、本来は全然違うのでしょうけど‥。


  1. Neo Classics 1 / Kubota, Takeshi / 48(Cutting edge 2003)
    オールジャンルのオフィシャルMix。クボタタケシ氏の選曲には引き込まれます。群を抜いている。気がつくと再生している

  2. Kickin vol.1 / 黒田大介 / 46(Blockhead 2007)
    Tapeの時に初めて聴き、Dap Walkみたいな激しいビートのFunkが一気にが好きになった、60〜70年代のFunk、SoulのMixのCD再発。

  3. Classics 1 / Kubota, Takeshi / 41
    (1998)

  4. Kickin vol.3 / 黒田大介 / 41
    (Blockhead 2005)

  5. Stinky Ass Buddha Porno Funk RadioShow vol.0 / Hibahihi & Bobo James / 40(えん突 2007)
    D.LがChildren of the nightをかけた時の会話「かっこいいね〜‥このネタ」「ごめんね喋っちゃって」「懐かしい」とか二人の会話がイイ。D.Lの選曲も最高

  6. Kickin vol.2 / 黒田大介 / 39
    (Blockhead 2007)

  7. Classics 4 / Kubota, Takeshi / 37
    (Skylarkin 2001)

  8. Neo Classics 2 / Kubota, Takeshi / 36
    (Avex 2008)

  9. Soul Traveling / Bobo James / 35(Victor Entertainment 2001)
    ボクはD.LのMixが一番好きかも知れない。中でもこれが多分一番。Brunswick音源のオフィシャルMix。音良し、選曲良し。たまに入るブレイクでの2枚使いも好き。

  10. Run For Cover / Chairman Mao / 34(Flatrock 2005)
    Chicago Gangstersジャケ。無条件に買ってしまうサンプリングジャケ。全曲カバー物で固めたMix。

  11. The Kings Of Diggin' / Kon & Amir, Muro / 34(BBE 2006)
    Heaven Sent & EcstacyのI'm A Ladyなど、このMixがきっかけで知り、好きになった曲が多い。BBEのオフィシャルMix

  12. Healing Basics 1 / DJ Kiyo / 30(Royalty 2005)
    Soul・Reggaeなどのメロウな歌モノ中心のMix。今後、末永くお世話になります。

  13. A Message From THE MAN vol.1 / Ryuhei The Man / 30
    (Man's World 2004)

  14. Classics 2 / Kubota, Takeshi / 26
    (1999)

  15. A Message From THE MAN vol.2 / Ryuhei The Man / 26(Man's World 2006)
    3部作のうち、vol.2が個人的に好き。レアFunkの中にNew MastersoundsやSpeedometer等の現行Funkも混ざっててかっこいい。

  16. In The Mood: Blue Note Mix / DJ Jin / 25(EMI Music Japan 2004)
    Blue note音源のオフィシャルMix。Amazonのカスタマーレビューは酷評だったw。もろなJazzに浸れる選曲で重宝する。続編を激しく希望。

  17. Ghetto Funk vol.0 / Bobo James / 24
    (Lesson Breed )

  18. Ghetto Funk vol.1 / Bobo James / 24
    (Lesson Breed 2002)

  19. Sweet Moment / Kashi Da Handsome / 24(Expansion inc 2005)
    Handsome Honey Beatzの増刊盤で「歌詞の内容にまで踏み込んでSWEETなメッセージの楽曲のみを厳選する」と、機長のこだわりは凄いです。

  20. Healing Basics 2.5 / DJ Kiyo / 24
    (Royalty 2006)

  21. Extra Feeding vol.2 / DJ Mitsu The Beats / 24
    (Jazzy Sport 2005)

  22. Soul Trippin' / Kenny Dope / 24(Dope Wax 2004)
    出だしのMilton wrightの「Keep it up」で2枚使い、一気に引き込まれます。

  23. Spring Time / DJ Spinna / 23
    (Global Muse Express 2007)

  24. Healing Basics 2 / DJ Kiyo / 23
    (Royalty 2006)

  25. A Message From THE MAN vol.3 / Ryuhei The Man / 23
    (Man's World 2007)

  26. Blast Presents Diggin' From The Vaults Daylight Shuffle / DJ Celory / 22(Victor Entertainment 1999)
    Blast監修のHiphop DJによるJazz・Soul MixシリーズのDJ Celory版。関係ないですがインタビューデジタル化について

  27. Handsome Honey Beatz vol.02 / Kashi Da Handsome / 22(Expansion inc 2005)
    機長のMixするソウルミュージックは素晴らしいのに、全部CD-Rっぽいパッケージなのが残念です。

  28. Classics 3 / Kubota, Takeshi / 22
    (Skylarkin 2000)

  29. Funky Sole vol.1 / DJ Miles / 22(Rootdown 2004)
    ブレイケストラのドラマーDJ Milesの、HOLLYWOODでのライブ音源みたいです。黒田大介氏のKickinシリーズに匹敵するFunk Mix。

  30. Sound Contact 8 Flash Back 96-99 East / DJ Mista Donut / 22(Subcontact 2006)
    96年〜99年の東海岸のHiphopに絞り込んだMix。西海岸バージョンとセットでよく聴いた。

  31. Super Funk Breaks Lesson1 / Muro / 20(2005)
    Super FunkやMuro氏の他のMixにもよく入っている、Smiling hardの「Fire to the galleon」というかっこ良すぎる曲が長年手に入らない。どこか再発出さないでしょうか。

  32. Night Train / Kashi Da Handsome / 19(Expansion inc 2006)
    Mohawksジャケ。無条件に買ってしまうサンプリングジャケ。Honey Beatzもいいけど、太いFunkで固めたコレも好き。

  33. Bang Bong Disco / Ulticut Ups! / 19
    (Flatrock 2003)
    Staple Singersジャケ。持っているのはテープの方。Hiphop・ダンクラ・4つ打ちまで、Ulticut Ups!で一番好きなMix。

  34. Sunday Soul / DJ Celory / 19(2006)
    某レコードショップのノベルティだった非売品。

  35. The Document / DJ Andy Smith / 18(Polygram Records 1998)
    PortisheadのオフィシャルDJらしいけど、イメージは全然違う。ドープなHiphopとFunkが全く違和感なくMixされている。

  36. DJ Jin's More Funky Strutt / DJ Jin / 18(Victor Entertainment 1999)
    Blastの企画第五弾で、プレスティッジ・レーベルのオフィシャルMix。このBlastのネタものMixシリーズは全部でいくつあるんでしょう?

  37. Stones Throw 10 years / DJ Mitsu The Beats / 18(Lexington 2006)
    Stones Throwの10周年記念のレーベルコンピに付いていたMix。輸入版はMixがJ.Roccだったらしい。

  38. King Of Diggin' vol.4 / Muro / 17
    King Of Diggin'シリーズの中でvol.4が一番Funkの色が強い。このシリーズはCDがとうとう再発されてましたね。

  39. Mighty 90's Beatlogy / DJ Kiyo / 17
    (Royalty 2007)

  40. 90's Heritage Part.1 / DJ Kiyo / 17(Royalty 2008)
    ヘリテイジ=「遺産」の文字通り、90年代のHiphopクラシックのMix。Part.2と合わせて今後、末永くお世話になります。

  41. Invisible Black Vol.1 / Dsk Invisible / 17
    (Slick Records 2004)

  42. Hi Records"Old Gold" / Bobo James / 17(Victor Entertainment 2006)
    Hi Records音源のオフィシャルMix。他のMixではなかなか聴けないようなメローな「サザンソウル」の選曲。男臭いを通り越しておっさん丸出しな渋いMix。

  43. Sound Contact From L.A. / DJ Miles / 16(Subcontact 2005)


  44. Rockin' Breaks, Grooves & Funky Thangs / DJ Spinna / 16(2007)
    Rare GrooveのブレイクネタMix。ほとんどのネタを2枚使いでループさせてます。

  45. A Day In The Life / DJ Takumi / 16(Sakura Production)
    George Bensonジャケ。無条件に買ってしまうサンプリングジャケ。メローなジャズMixで、男臭さよりもオシャレ感・爽やか感が勝る選曲です。

  46. ...Sunrize / Bozmori / 16(Pyramid Recordz 2006)
    Hiphop・Soul・和物のMix。終盤のEW&F / Feelin' blue〜ユーミンのあの日にかえりたい〜Patti austin / Say you love meの流れは繰り返し聴いてしまう。

  47. Sound Contact 9 Flash Back 96-99 West / DJ Mista Donut / 15
    (Subcontact 2006)

  48. Global Muse Express Spring & Summer 2008 / Muro / 15
    (Global Muse 2008)

  49. Collage - Make The Music / DJ Koco / 15(Southpaw Chop 2008)
    Underground Hiphop Mixのイメージが強いDJ Koco氏のネタものMix。

  50. The Document II / DJ Andy Smith / 15
    (Illicit Recordings 2003)

  51. Library / DJ Mitsu The Beats / 15
    (松竹梅 2009)

  52. Woofin' Presents Stinky Feeling / DJ Denka / 15
    (Victor Entertainment 2002)



※画像アップにアホほど時間がかかった!